ごあいさつ 店舗・事業所のご案内 個人情報保護方針等 利用者保護に関する方針等 金融円滑化基本方針 相談・苦情等のお申し出等 HOME画面
JA貯金 JAローン JA共済 不動産 旅行 高齢者福祉事業 葬祭 採用情報 ディスクロージャー誌 定型約款 リンク
イベント・キャンペーン情報
特産品
生産量日本一のくわい 特集ページ
産直市
営農かわら版
ゴキゲンNEWS
組合員さんのお店紹介
旬の料理レシピ
特撰商品ご紹介
女性部NEWS
旬の特産品お買い物広場
FuKuJA(ふくじゃ)
南部版 北部版
JA福山市家庭菜園のご案内
福山市農業委員会からのお知らせ

5月の農作業 2020.5.1更新


南部版


  水稲 ◇「恋の予感」は種
 「グリーンソイル」や「水稲育苗培土(床土)」を2cmの深さまで入れ、表面をならします。
 は種直前に十分潅水したあと、苗立枯病やムレ苗を予防するため、「タチガレエースM液剤」1,000倍液を、1箱あたり0.5ℓ潅注します。「タチガレエースM液剤」には、根張りを良くする効果もあります。
 催芽籾を1箱あたり180g(1.6合)、は種します。厚まきすると徒長して、葉や根が細く軟弱苗となり、活着や分けつが悪くなるので注意しましょう。
 覆土は、籾が隠れる程度(厚さ5mm)にします。覆土が厚すぎると、出芽が遅れ不ぞろいとなるため、均一にします。
 覆土後に潅水や薬剤の潅注を行なうと、表面の土が固まり、発芽不ぞろいや根上がりの原因となるため気を付けましょう。
アクアキーパー
「アクアキーパー」は、吸水性の樹脂を加工した保水紙です。育苗箱の下に敷くことで、潅水の回数を減らすことができます。また、水の流出が少ないため、肥料の流亡も少なくなります。
使い切りの資材ですが、日中の水やりができず、苗がしおれやすい場合におすすめです。
流出水量比較
左側がアクアキーパー使用
湛水 5分経過 湛水 20分経過
〔使用時の注意〕
は種時の潅水量を通常の倍程度とし、十分「アクアキーパー」に吸水させます(潅水量が不足すると、発芽不良となります)。
育苗箱から根が出にくくなりますが、床下シート等の使用をおすすめします。
通常は朝1回の潅水として、潅水量を増やします。ただし、高温や風の強い日は、しおれに気を付けましょう。

◇育苗箱設置~出芽
 箱を並べる面に凹凸があると、床土が乾き生育にむらができます。床面を平らに整地し、箱と床面を密着させましょう。育苗箱を置く場所は、2~1日前に十分潅水しておきます。
 水田に設置する場合、雨で育苗箱の上部まで水位が上がる場所は避け、必ず排水溝を設けます。

◇育苗管理
 「健苗シート」と「太陽シート」を組み合わせて、日当たりの良い場所で育苗をします。
 設置した苗箱へ「太陽シート」をべた掛けし、風が入らないように周囲を土で押さえます。その上に、「健苗シート」でトンネルをします。
「太陽シート」を取る
  タイミング
 「太陽シート」を取るまでは、温度と水の管理は不要です。苗の丈が2cm(設置5日後が目安)になったら、夕方にシートを取り除きます。
 潅水を行ない、苗が持ち上げている土を落として、籾が出たところには土を入れます。その後は、日中にトンネルの換気を行ない、昼間20~25℃、夜間15~20℃を目標にし、乾燥したら午前中に潅水します。
 第一葉の下が3cmになったら、硬化を行ないます。初めてトンネルを取るときは、急に強い光を当てると苗が白化するので、夕方や曇天時に作業します。日中は完全にトンネルを取って外気に慣らしましょう。ただし、夜温が下がるようなら夜間だけトンネルをします。
 田植え10日前からは、保温資材を完全に取り除いて外気に慣らします。潅水は、朝と夕方の2回を基本に、晴天日は数回行ないます。ただし、午後4時以降の潅水は、根張りを悪くするため、なるべく控えましょう。


  野菜 ◇春夏野菜の初期管理
 植え付け後、風などで株元が動かないよう仮支柱を行ない、「テクテクネオ」や「テクテクネオキャップ」で2~3週間保温します。夕方、多少のしおれがある程度では潅水を控え、翌朝たっぷりと潅水します。

〇キュウリ
キュウリの整枝
 収量や品質を上げるには、株元から4~5節までの子づると雌花を取り除き、6節以上から着果させます。子づると孫づるは2葉で摘芯します。

〇トマト
 わき芽を全部取り除き、1本仕立にします。1番花、2番花を確実に付けるため、1花房で3~5花ほど開花したら、「トマトトーン」を100倍液に希釈します。霧吹きで葉にかからないように散布して着果を促進しましょう。
 また、高温乾燥で尻腐れが発生しやすくなるので、植え付け前に「畑のカルシウム」を1aあたり10kg施用します。

〇ピーマン
 肥沃な土地を好むので、堆肥をしっかり施用し地力を上げます。ナス科の連作を避け、ウイルス病の感染原因となるアブラムシの予防のため、「アドマイヤー1粒剤」を施用します。

〇スイカ
 乾燥に強い反面、過湿に弱いため排水の良いほ場を選びましょう。基肥が多いとつるボケになるので、前作の肥料残りが気になる場合は、基肥をやらないで追肥で調整します。
 本葉4~5枚の苗を浅植えにし、保温キャップで初期の生育を高めます。特に、接木苗を植える場合は、接いだ部分が地面より高くなるようにします。親づるは6枚で摘芯し、上位節より発生する子づるで4本仕立にしましょう。

〇エダマメ
 5月に、は種をすると7月に収穫できます。盆ごろに収穫する場合は、6月上旬に、は種をします。品種は「湯あがり娘」や「ダルマ早生黒枝豆」などがおすすめです。
 5月に直まきもできますが、約20日間は鳥害防止のネットを張って育苗床で育苗します。まき溝を掘り、十分に潅水してから、5cm間隔で種をまきましょう。
 定植は畝幅60cm、株間20cmで植えます。植え付け場所へ1aあたり堆肥200kg、「苦土セルカ2号」15kg、「福山やさい有機189」3kgを施用します。植え付け後、不織布「テクテクネオ」でトンネルをしておくと、収穫まで防除をしなくてもきれいなエダマメが収穫できます。


  果樹 ◇柑橘の管理
〇開花期防除
 開花の早い品種にあわせ、防除を行ないます。
 開花期(ミカン5~8分咲き時)に、「ダントツ水溶剤」4,000倍液に、「ベルクートフロアブル」2,000倍液を混用して防除します。

〇夏肥の施用
 夏肥は、樹勢維持と果実肥大を図ることが目的です。
 5月下旬に「ひろしまフルーツ元気188」を、10aあたり100kg程度施用しましょう。

〇温州みかんのせん定
 今年産の温州みかんは、裏年が予想されています。枝葉を落とすせん定は控え、誘引など整枝を中心に実施しましょう。
 一方で、花の量が多く発芽が少ない樹は、せん定により発芽を促します。樹の中で花が多すぎて発芽の悪い枝や、下に垂れ下がって勢いのない枝をノコで切りましょう。枯れ枝は黒点病の発生源となるため、あわせて除去します。
 特に昨年、成りの薄かった樹は花蕾が確認でき次第実施します。

◇イチジクの新梢管理
 展葉2~3枚のころから芽かぎを行ないます。最終的に、1㎡あたり4~5本程度を残すよう、不要な芽をかぎ取ります。
 枝の更新に使えそうな位置にある、胴吹きの芽は予備枝として残しておきましょう。
 また、新梢を効率よく残せるよう、枝をねじったり(ねん枝)、ヒモで引っ張ったり(誘引)して、樹勢調節や太枝の日焼け防止、整枝を行ないます。
 展葉10~12枚の時点で、幼果の発達を促進するため、枝先未展葉部分の新芽を摘み取ります(摘芯)。

◇カキの摘蕾
 果実の大きさは、開花1ヵ月後までに決まります。
 この時期の発育は、貯蔵養分だけでまかなわれているので、摘果よりも摘蕾に作業の重点をおきます。
 摘蕾は開花2週間前(平年で5月5日~10日)に行ないます。
 新梢中央辺りの、ヘタの形が整った大きい蕾を残します。
 残す蕾は日焼けしにくい下向き、または斜め下向きの蕾です。1結果枝に1花蕾を残しましょう。早期の摘蕾は、生理落果を抑制する効果があります。
 また、遅れ花は再度、園地を見回って摘蕾しましょう。

◇モモの摘果 (北部版参照)
◇スモモの摘果 (北部版参照)
◇ブドウの管理 (北部版参照)


ホームへもどる


北部版


  水稲 ◇基肥
 普通~粘質田でコシヒカリを栽培する場合は、10aあたり「苦土重焼燐」20kgと、「コシヒカリ用884号」40kgを散布します。
 砂質田や秋落ち田では、「コシヒカリ用884号」を基肥で35kg、追肥で10kg散布しましょう。
 一発肥料は、「JA福山市コシヒカリ」を10aあたり35kg散布します。
 側条施肥田植え機を使用して田植えをする場合は、基肥を1~2割減らしてください。
 倒伏しやすいほ場では、一発肥料の「楽一200w」、または「楽一21」を10aあたり30kg施用します。
 この肥料は倒伏軽減剤が入っているため、稈長を短く抑え、安心して稲作りができます。側条施肥田植え機を使用する場合は「楽一20w」を、手まきや動力散布の場合は「楽一21」を使用します。
けい酸加里プレミア34
「けい酸加里プレミア34」を施用することで、稲体を丈夫にするとともに、根張りが向上します。それにより、登熟不足や乳白米が軽減し、安定した稲作りを行なえます。
基肥で使用する場合は、10aあたり40~50kg施用します。

◇田植え
 「Dr.オリゼプリンス粒剤10」「ツインターボフェルテラ箱粒剤」は、イネミズゾウムシや葉いもちなど、初期病害虫を長期間抑えます。田植えの2~1日前に、育苗箱あたり50gを均一に散布して潅水し、苗床にしっかり付着させておきます。
 1坪あたりの植え付け株数は、50~60株が基本です。ただし、高冷地では60株程度にします。1株あたりの植え付け本数は3~5本とします。
「箱処理剤」と「除草剤」を間違える事故が毎年発生しています。散布前には、十分に確認して使用しましょう。

◇除草剤の使い方
 初期・一発除草剤は、雑草が発生する前に使用することが効果を高めるコツです。
 また、必ず水深5cm以上の湛水状態で均一に散布します。
環境に配慮した農業を行なうため、除草剤使用後7日間は湛水を保ち、落水、かけ流しは行ないません。
 活着不良苗や、散布後の挿し苗などは、薬害が発生しやすいので注意しましょう。

〇体系処理
 雑草多発田では、移植直後(ノビエ1葉期まで)に「農将軍フロアブル」、または「スウィープフロアブル」の初期除草剤を散布します。その後、田植え14~23日後を目安に、一発処理剤の「カチボシ1キロ粒剤」、「カウンシルコンプリートジャンボ」、「イネキングフロアブル」などを散布します。
 特に、クログワイが多いところでは、初期剤として「スウィープフロアブル」などを散布します。

〇一発処理(普通田)
 雑草の発生前に散布することで、長期間防除することが可能です。散布時期が遅れると雑草が発生するため、コスト高となります。使用時期になったら、早めに散布しましょう。

〇豆つぶ剤
 省力剤として、フロアブル剤、ジャンボ剤に次いで、豆つぶ剤の使用が増えています。豆つぶ剤はフロアブルの一種に位置付けされますが、フロアブルよりも遠方に散布することができ、ジャンボ剤のように1ヵ所へ固まらないため、薬害の心配が少ない剤型です。
 「ガンガン豆つぶ250」は、ノビエに効果の高い成分を含んでおり、残効性にも優れています。
 田植え3日後から散布できるため、ノビエが発生する前の早い段階で散布すると効果が安定します。
豆つぶ剤の崩壊~拡散状態


  野菜 ◇夏野菜の植え付け
 苗が根付くには、夜間の最低温度で10℃以上、地温13℃以上が必要となります。早植えしないように気を付け、保温・地温確保の対策をしましょう。

〇果菜類の定植
 定植1週間前に黒マルチを張り、地温を確保します。
 次に、定植1日前に植え穴を開けて、十分潅水します(植え付け直前の潅水は地温を下げるので行ないません)。
 定植後、不織布トンネルや保温キャップなどで防寒します。

〇夏野菜のは種
 5月中旬から、トウモロコシやエダマメの、は種を行ないます。苗床で育苗後、は種後3週間を目安に定植を行ないます。
 エダマメは、本葉がのぞくころに子葉が隠れる深さに植え付けをします。
 トウモロコシは、1条より多条植えの方が受粉率が高く、実入りが向上します。

◇ナスの定植
ナス
3本支立ての場合、主枝と1番果の下の側枝2本を伸ばす。
 生育温度は23~30℃で、15℃以下や32℃以上になると生育が悪くなります。
 排水が良く、肥沃な土壌で潅水の便利な場所を選び、連作を避けます。ナスは水と肥料が重要です。畝幅150cmに株間60cmの1条植えとします。畝幅や株間が狭いと日照不足になり、品質・収量が低下します。

◇バレイショの管理
 芽が出てきたら、太い芽を1本残して芽かぎを行ないます。芽の数が多いとイモの数が増えて、大きくなりません。
 また、芽かぎとあわせて追肥と土寄せを行ないます。追肥は、1aあたり「やさい化成2号」を6kg施用します。土寄せが不足するとイモが緑化し、品質が悪くなります。

◇コンニャクの定植
 気温が上がる5月に、強風の当たらない場所へ定植します。
 肥料は、1aあたり「牛ふん堆肥」200~400kg、「苦土石灰」6kg、「HB有機入りこんにゃく大玉」12kgを施用します。
 植え付け間隔は、イモの年数によって変わります。畝幅は60cmとし、株間は1~2年生で直径の4倍程度、3~4年生で直径の5倍程度とします。
 芽の付け根から6cm程度になるよう、覆土します。また、イモのくぼみに水がたまらないように斜めに植えます。



  果樹 ◇ナシ・リンゴの摘果
 ナシやリンゴの花は、複数の花が一塊(花そう)となっています。
 落花20~30日ごろに、1花そう1果に摘果します。大きくて形の整っている縦長の果実を残すようにしましょう。
 一般的に、ナシは基から3~5番目の果実、リンゴは中心果を残します。

◇モモの摘果
 予備摘果は満開後20~30日に行ないます。
 上向果、傷果、変形果、双胚果、発育不良果を優先的に落とします。
 仕上げ摘果は、満開40~50日後から行ないます。
 残す果実は縦長で大きく、着果部分に葉がある横~下向きのものとし、傷果、変形果、双胚果は生理落果しやすいため摘果します。

◇スモモの摘果
 早生種や樹勢の弱い品種(「ソルダム」など)から始め、生理落果の多い品種(「サンタローザ」など)は、実止まりを確認後に行ないます。
 着果は、「大石早生」などは8~10cm間隔に1果、「サンタローザ」や「ソルダム」は10~12cmに1果程度残します。縦長で濃い緑色、果軸が太い、横~下向きの果実を残します。

◇ブドウの管理
〇芽かぎ
 展葉6~7枚ごろまでは、前年貯蔵した養分で生育しています。早めの芽かぎで養分の浪費を防ぎます。
 最終的に主枝2mあたり20~25本の枝を確保します。

〇新梢管理・花穂整形
 展葉枚数8~9枚を目安に、新梢を棚面に誘引します。誘引後は、花穂が急速に発達します。花穂の状態が判別できるようになったら、素直な花を1新梢1花穂に整理しましょう。
 ピオーネは、開花始めに花穂の先端約3cmを目安に整形します。
 結実安定のため、房先の展葉8枚を確保し、摘芯を行ないます。

〇摘芯
 摘芯は着粒安定を目的に行ないます。1新梢で12~13葉(房先8葉)を目安に行ないます。摘芯の遅れは、花振るいをする場合があるので、開花期までに終わらせましょう。
 新梢が弱く、伸長が停止しかけている場合は避けます。

〇病害虫防除
 展葉8~9枚ごろになると、灰色かび病の発生が見られることがあります。
 開花が始まり、連続した降雨が予想される場合は、追加防除を行なうとともに、花カス落としを徹底しましょう。


ホームへもどる