ごあいさつ 店舗・事業所のご案内 個人情報保護方針等 利用者保護に関する方針等 金融円滑化基本方針 相談・苦情等のお申し出等 HOME画面
JA貯金 JAローン JA共済 不動産 旅行 高齢者福祉事業 葬祭 採用情報 ディスクロージャー誌 定型約款 リンク
イベント・キャンペーン情報
特産品
生産量日本一のくわい 特集ページ
産直市
営農かわら版
ゴキゲンNEWS
歳時記
旬の料理レシピ
特撰商品ご紹介
女性部NEWS
旬の特産品お買い物広場
FuKuJA(ふくじゃ)
南部版 北部版 バックナンバー
JA福山市家庭菜園のご案内
福山市農業委員会からのお知らせ

1月の農作業 2021.1.7更新


南部版


  水稲 ◇令和2年産水稲の生育経過
【品種 恋の予感】
(1)育苗期

 育苗期は気温が高く推移し、苗の生育は順調に進みました。

(2)田植え~活着期
 田植えは6月6日~7日を中心に行なわれ、田植え後も生育は順調に推移しました。

(3)生育期
 梅雨入りは、6月10日と平年並みでしたが、梅雨明けは7月31日と遅くなり、硫化水素ガスの発生や日照不足、低温が影響して、分けつの確保が遅れました。
 トビイロウンカの飛来が平年より早く、7月上旬にはまとまった数が確認され、7月30日に注意報が発令されました。その後、22年振りの警報が8月13日に発令されました。あわせて、コブノメイガも多発しました。
 また、梅雨明けが長引いたことにより、山間部では葉いもちの発生が多くなりました。

(4)出穂期
 出穂は梅雨明け後、高温が続いたため早くなり、6月上旬の田植えで、8月25日ごろとなりました。出穂後も気温が高く推移し、登熟に適した気候となりました。一方、8月下旬からトビイロウンカの被害が拡大し、坪枯れが発生し始めました。

(5)登熟期・収穫期
 登熟期は、9月中旬までは高温が続き、「恋の予感」に適した栽培環境となりました。トビイロウンカの被害は拡大が続き、坪枯れや全面枯れが発生しました。
 収穫期は、9月の気象条件やウンカの被害が影響し、平年より早くなりました。

(6)収量・品質
 トビイロウンカや紋枯病などの影響で、登熟不良となり、収量や品質の低下が目立ちました。広島県南部の作況指数は90(10月15日現在)となり、収量は「不良」となりました。1等米等級比率は53.2%(10月31日現在)となっています。
令和2年の気温と降水量・日照時間の推移 〔アメダスデータ:福山〕
令和2年の気温と降水量・日照時間の推移 〔アメダスデータ:福山〕


  野菜 ◇冬越し野菜の管理
 タマネギは、一発肥料を施していないほ場では追肥を行ないます。肥料は、「やさい化成2号」を1aあたり4kg施用します。
 また、霜柱がひどい所では根が傷むため、「豊穣」を表層へ散布して被害を軽減させます。
 病気の発生が懸念され、予防剤を散布していない場合は、日中の暖かいときに「ジマンダイセン水和剤」を散布しましょう。
 イチゴは、1月下旬に「福山やさい有機129」を1aあたり3kg施用します。冬の寒さで葉が小さくなり、秋に定植した葉が枯れこんできたら、基からかぎ取ります。

◇冬越し野菜の防寒対策
 ハクサイやキャベツは、マイナス2~3℃の低温が何日も続いたり、急な寒さにあったりすると、葉先や結球上部が枯死、または腐敗するため注意をしましょう。
 ハクサイは、外葉を束ねヒモで縛り、不織布をべた掛けします。
 ブロッコリーは、中生種の収穫時期となりますが、低温にあうと花蕾が紫になり中心が傷むため、不織布を掛けて霜の害を防ぎます。
 根菜類は、地上へ出ている部分が凍害を受けるため、肩の部分に土を寄せて冬を越します。


  果樹 ◇中晩柑
 今年の冬は、ラニーニャ現象の影響で平年より気温が低い傾向となる恐れがあります。12月以降、寒波被害に注意が必要です。

〇収穫
 中晩柑は完熟収穫が目標です。腐敗防止剤の散布を徹底し、収穫時は果実を傷つけないように二度切りしましょう。果実は、投げ入れたりして衝撃を受けないよう丁寧に扱い、傷つけないようにします。
 氷点下に長時間さらされ、凍結した果実は、果皮障害や苦味、ス上がりが発生する場合があります。
 冬期に収穫する中晩柑では、気象情報に注意してください。寒波の襲来が予想される場合は、外成りの果実から優先的に収穫しましょう。 
 収穫した果実は、着色(7分程度を境に)に応じて仕分けて貯蔵します。

〇貯蔵管理
 貯蔵による商品性の低下を防ぐため、温湿度管理、腐敗果の点検、入庫量の調整を徹底しましょう。また、青みが残っている着色の悪い果実は、収穫直後に軽く保温することで着色が進みます。
 果皮のしおれなどで商品性を低下させないようにしましょう。貯蔵庫内が乾燥している場合は、打ち水をして保湿に努めます。
 酸欠状態も、貯蔵中の品質低下につながるため、気温が貯蔵適温に近い時間帯に換気を行なってください。

◇土づくり (地域共通)
 土壌の保水性・保肥力の維持、向上のため、土づくりは欠かせません。土を作ることは根の活性化につながります。
 毎年、継続することで細根量が増え、気象変動に強い高品質の果実が生産できます。

〇石灰質資材の施用
 土壌酸度を矯正するため、「苦土石灰(苦土セルカ2号)」などを10aあたり100kgを目安に施用します。
 ただし、ブルーベリーは土壌がアルカリ性に傾くと、生育が極端に悪くなるので、石灰ではなく「ピートモス」を施用します。

〇有機物の施用
 10aあたり2t以上の完熟堆肥(「豊穣」など)を施用しましょう。未熟な堆肥施用は、土壌病害の発生原因になります。完熟した堆肥の目安は、臭いがなく、色が黒に近いものです。

〇客土
 新根の発生を促し、根域を広げるために実施しましょう。イチジクなど根の浅い樹種には、真砂土の客土が効果的です。

〇中耕
 踏み固めた土壌を柔らかくし、根が活動しやすい環境を作るため、中耕を行ないましょう。冬期に中耕をする場合は、表土を崩す程度にとどめ、秋に発生した根を切りすぎないように注意します。
 イチジクやキウイなど根の浅いものは、機械による中耕は避けましょう。


ホームへもどる


北部版


  水稲 ◇令和2年産水稲の生育経過
【品種 コシヒカリ】
(1)育苗期

 4月は低温の日が多く、一部で苗生育の停滞が見られましたが、4月末からは概ね順調に推移しました。

(2)育苗期

 田植えは5月の連休を中心に行なわれましたが、4月後半の低温の影響で水温が上がらず、活着が若干抑制された水田もありました。

(3)生育期

 田植え後は、気温が高めに推移したため、水田土壌の還元が急激に進み、ガスが発生して、赤枯れ症が多く見受けられました。また、水管理が不十分な一部の水田では、除草剤の効果が不安定となり、雑草が発生しました。
 梅雨明け(7月31日)が遅れ、7月は平均気温が低く、日照時間も少ない日が続いたため、生育が抑制され、分けつは少なく経過しました。特に、遅植えで疎植のほ場では、茎数不足となりました。

(4)幼穂形成期~出穂期
 梅雨期の低温・日照不足などの影響により、出穂期は昨年に比べ2~3日程度遅くなりました。

(5)登熟・収穫期
 出穂期以降、好天に恵まれ、登熟は順調に進んでいったものの、7月の日照不足により、平年より有効茎数が少なくなりました。台風の直撃はなかったものの、風や収穫前の降雨、トビイロウンカの被害で、倒伏が見られました。また、トビイロウンカによる倒伏被害の拡大が心配されたため、全般的に収穫作業が早まりました。

(6)収量・品質
 梅雨前線が長期に渡り停滞したため、セジロウンカ・トビイロウンカ・コブノメイガなど飛来性害虫の発生が多発しました。特に、トビイロウンカ(秋ウンカ)は、8月13日に22年振りの警報が発令されました。
 その後、気温が高く推移し、トビイロウンカの成長に適した気候が続きました。9月上旬から坪枯れや全面枯れが発生し、登熟不足となって減収要因になりました。また、8月に降雨が少なかったため、渇水被害や高温による白未熟粒の発生がありました。
 広島県北部の作況指数は96(10月15日現在)で、収量は「やや不良」となりました。また、コシヒカリの1等米等級比率は95.1%(10月31日現在)でした。

〔土づくり〕
 近年の稲作の課題として、湛水時のガスの発生、生育後半の秋落ち、乳白や未熟粒の増加、米の痩せによる品質、収量の不安定化が問題となっています。
 これは、微量要素の不足により、根が弱っていることが原因です。
 施用が必要な成分に「鉄分」と「ケイ酸」がありますが、毎年、バランス良く微量要素を施用することが必要です。鉄分はガスの発生を抑え、根を健康に保つ効果があります。
 また、ケイ酸は稲体の主要成分で、倒伏などに強くなります。毎年、土づくりを行なうことで、安定した稲を作りましょう。
 土づくり資材を施用する前には、土壌診断を実施し、不足している成分を中心に土づくりを行ないます。効率的な良質・多収米の生産を行ないましょう。
令和2年の気温と降水量・日照時間の推移 〔アメダスデータ:油木〕
令和2年の気温と降水量・日照時間の推移 〔アメダスデータ:油木〕


  野菜 ◇野菜の作付け計画
連作と野菜
連作障害の
少ないもの
ネギ・カボチャ・
ホウレンソウ・サツマイモ
1年以上連絡を
避けるもの
タマネギ・レタス・
ダイコン・カブ・ニンジン・
インゲンマメ
2年以上連作を
避けるもの
ハクサイ・キャベツ・
カリフラワー・オクラ
3年以上連作を
避けるもの
ゴボウ・バレイショ・
キュウリ・サトイモ・
エダマメ・ソラマメ
5年以上連作を
避けるもの
トマト・ナス・ピーマン・
スイカ・エンドウ
 野菜ごとに必要な株数、栽培期間、輪作などを考え、植え付け計画を進めます。
 畑の区割りをするときには、連作障害や日当たり、排水、水の便などを考えて作付けしましょう。
 連作障害の出やすさは、野菜の種類によって差があります。エンドウやサトイモは、根からの分泌物に自家中毒を起こす物質を含んでいますので、連作障害が著しく発生します。
 ナス科(ナス、トマト、バレイショなど)、アブラナ科(ハクサイ、キャベツ、ブロッコリーなど)は、共通の病害虫を持っているため、連作障害が出やすくなります。
 また、特に肥料が残りやすいハクサイの後作には、トマトやスイカ、メロン、サツマイモなど、つるぼけしやすい作物の作付けは避けます。



  果樹 ◇落葉果樹の整枝・せん定
〇ブドウ(短梢せん定)
せん定バサミとノコギリ
せん定バサミとノコギリ
 樹液が止まってからせん定を始め、樹液が流れ始めるまでに終了します。
 枝の充実が悪い樹や若木では、厳寒期を過ぎてからせん定に取り掛かりましょう。
 芽の方向や大きさ、枝の充実度を判断して、枝(母枝)の基部1芽を残して切る1芽せん定を基本とします。
 乾燥や寒さによる枯れ込みが考えられる場合は、残す芽の1芽先の節で切る犠牲芽せん定を行ないます。
 主枝形成中の新梢の切り返しは、品種や前年の伸長具合によって変わりますが、15芽程度残して切ります。

〇核果類(ウメ・スモモなど)
側枝(結果枝)のせん定
側枝(結果枝)のせん定
 樹形が開張しやすい核果類は、主枝、亜主枝の先端があまり伸びず、樹勢が弱りやすくなります。側枝の更新を積極的に行ないましょう。
 切り返しせん定を中心に、枝の若返りを行ないます(結果枝:先端1/4程度を切る。更新枝:先端1/3程度を切る)。
 一方、枝の伸びが旺盛な、勢いのある樹は枝を誘引し、樹を落ち着かせると同時に、間引きを中心に行ないます。
 骨格枝の日焼け防止のため、葉芽の確保や返し枝などを利用しましょう。
 ウメやモモは、切り口の癒合が悪いため、極端な太枝切りなどは避けます。大きい枝を切る場合は、数年に分けて切り縮めていきましょう。

◇越冬病害虫対策(落葉果樹)
〇粗皮剥ぎ・園内清掃
 ブドウ、カキなどの樹皮下には、ハダニ類、カイガラムシ類、イラガなどの害虫が越冬しています。
 薬剤がかかりやすい状態と、越冬害虫の個体数を減らすため、発芽までに古くなった表皮剥ぎ(粗皮剥ぎ)を行ないましょう。
 粗皮剥ぎは、3~5年に一度のペースで実施します。あわせて、落葉、せん定枝、残果は病害虫の発生源となります。越冬病害虫密度低減のため、園外に持ち出して処分しましょう。
越冬中のカイガラムシ   越冬中のイラガ
越冬中のカイガラムシ 越冬中のイラガ
越冬したカイガラムシ
越冬したカイガラムシ

◇土づくり (南部版参照)



JA福山市からのお知らせ
 
 
《営農情報配信サービス》
『JA福山市営農情報』を登録しよう!!

農業者へより身近で、多様な営農情報を配信するため、「JA福山市営農情報」を開設しました。
このサービスは、LINE株式会社が提供するコミュニケーションサービス「LINE」を利用して、当JAが情報発信を行なうものです。
病害虫の発生情報やおすすめの肥料・農薬情報、水稲の生育状況や刈り取り適期、農機具の展示会、栽培講習会の案内など、農業のお役立ち情報をお知らせします。
ぜひ、ご登録ください。
当JAのメッセージを受信いただくには、「LINE」アプリをご利用のうえ、「JA福山市営農情報」を友だち登録していただく必要があります。

〈友だち追加ご登録手順〉
【手順①】
LINEアプリを立ち上げ、ホームから[友だち追加]を選択します。
手順①
【手順②】
[友だち追加]画面からQRコードを選択します。
手順②
【手順③】
カメラが起動します。
下記のQRコードを読み込んでください。
手順③
【手順④】
「JA福山市営農情報」が表示されます。
追加ボタンを押してください。自動応答メッセージが配信され、友だち追加手続きが完了します。
手順④


《果樹の専門誌『フルーツひろしま』(JA広島果実連発行)
フルーツひろしま
果樹の栽培管理の基礎から、最新技術まで幅広く掲載。カラーページを多く取り入れているので、分かりやすい誌面です。
加えて、毎月の農作業情報も充実し、プロから家庭果樹栽培の方まで幅広くご覧いただけます。
購読料: 5,161円(税込) ※1月~12月までの年間購読
◎ お申し込みはお近くのグリーンセンターまで。


《アスパラガス新規就農研修生募集》
高い品質で定評のある、JA福山市のアスパラガスの担い手を育成するため、新規就農研修生を募集しています。ぜひ、ご応募ください。
応募条件:
5a以上のアスパラガス栽培を目指す意欲ある方
JA福山市管内にお住まいの方
18歳以上70歳未満の方
研修期間: 1年以上
研修方針
新市アスパラガス生産出荷組合員のほ場で現地実習を行ないます。
アスパラガスを基幹作物とした農業経営者を目指します。
専業向け「上級コース」と、兼業向け「一般コース」を設けます。
お問い合わせ:
 JA福山市営農経済部組合員課 ℡(084)924-2214
 駅家グリーンセンター ℡(084)976-9234


ホームへもどる