JA貯金 JAローン JA共済 不動産 旅行 高齢者福祉事業 ガソリンスタンド 葬祭 採用情報 ディスクロージャー誌 スペース Home
ごあいさつ 店舗・事業所のご案内 個人情報保護方針 利用者保護に関する方針等 金融円滑化基本方針 相談・苦情等のお申し出等 リンク
イベント・キャンペーン情報
特産品
生産量日本一のくわい 特集ページ
産直市
営農かわら版
ゴキゲンNEWS
組合員さんのお店紹介
旬の料理レシピ
特撰商品ご紹介
女性部NEWS
旬の特産品お買い物広場
FuKuJA(ふくじゃ)
特集


JA福山市 自己改革の取り組み

「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」

《取り組み1》 「食と農の交流館」開設

協定締結式で握手を交わす枝広市長と山上組合長
協定締結式で握手を交わす
枝広市長と山上組合長
 農業振興と次世代農業者の育成強化を目指して昨年8月、「食と農の交流館」設置の協定を福山市と締結しました。
 交流館は、同市千代田町に農産物直売所と農業研修施設を建設するものです。1月25日に起工式を開き、2019年6月オープンに向けて着工しました。
《取り組み2》 新規就農者育成
研修を受講して就農したホウレンソウ農家
研修を受講して就農したホウレンソウ農家
 担い手の育成を図り、地域農業の活性化を目的に生産組織と連携し、ブドウやクワイ、ホウレンソウなど6つの重点作物で新規就農者研修を実施しています。
 研修生は就農に必要な生産技術力、経営管理能力などを円滑に習得できるよう、現地実習や講義に取り組みます。今年度は6人が就農し、担い手としての活躍を目指します。
《取り組み3》 農業振興支援事業
支援事業を活用して購入したトラクター
支援事業を活用して購入したトラクター
 農業機械やビニールハウス、鳥獣害対策のための防護資材設置などを支援する、農業振興支援事業の拡充を図りました。
 重点作物の担い手、および新規就農者の育成支援や、集落営農組織の生産基盤向上を目的に取り組んでいます。
鳥獣害対策の防護資材
鳥獣害対策の防護資材
《取り組み4》 鰍iAファームふくやま
キャベツを収穫するJAファームふくやまの職員
キャベツを収穫するJAファームふくやまの職員
 農業法人や農家の労力軽減を図るため、農作業受託事業としてドローン(小型無人航空機)による水田防除作業を行なっています。
 また、農業経営事業では同法人自らが耕作放棄地を借り受け、栽培に適した土壌に改良。10品目以上の野菜を栽培し、学校給食やJAの産直市「ふれあい市」などへ出荷しています。
農薬散布するドローン
農薬散布するドローン



《取り組み5》 全支店に支店運営委員会を設置
児童と稲のはぜ掛けをする支店運営委員会のメンバー(有磨支店)
児童と稲のはぜ掛けをする
支店運営委員会のメンバー(有磨支店)
 地域の役員や総代、生産部会員、学校や公民館など、各種団体の代表者で構成する支店運営委員会を全支店に設置しました。委員会メンバーとの活発な意見交換を通じて、農業体験やボランティア活動など、JAならではの地域に根ざした活動を展開しています。
支店運営委員会(川口支店)
支店運営委員会(川口支店)
《取り組み6》 ふれあい訪問活動の実施
ふれあい訪問活動
ふれあい訪問活動
 地域密着を目指して、組合員・利用者のご自宅を積極的に訪問し対話する「ふれあい訪問活動」を実施しています。ご意見・要望を聞き、JA全体で共有して応えることで、より絆を深めさらなる関係強化に取り組んでいます。