JA貯金 JAローン JA共済 不動産 旅行 高齢者福祉事業 ガソリンスタンド 葬祭 採用情報 ディスクロージャー誌 スペース Home
ごあいさつ 店舗・事業所のご案内 個人情報保護方針 利用者保護に関する方針等 金融円滑化基本方針 相談・苦情等のお申し出等 リンク
イベント・キャンペーン情報
特産品
生産量日本一のくわい 特集ページ
産直市
営農かわら版
ゴキゲンNEWS
組合員さんのお店紹介
旬の料理レシピ
特撰商品ご紹介
女性部NEWS
旬の特産品お買い物広場
FuKuJA(ふくじゃ)
JA福山市ニュース



「あぐりスクール さんさんコース」 食と農と安全安心 地域を守る地産地消

苗を植えたら、土をかけて軽く押さえてね
苗を植えたら、土をかけて軽く押さえてね
 「食と農の交流館」のほ場で、カリフラワーの植え付けとサツマイモの収穫を体験しました。
 カリフラワーは畑に穴を掘り、慎重に苗の根を入れて定植。サツマイモは、芋を傷つけないようスコップで周りをほぐし、つるを引っ張って収穫しました。
 料理教室では、「防災シミュレーションごはん」として、ポリ袋を使って米を炊き、野菜カレーやサラダを調理して味わいました。





カリフラワーの植え付けとサツマイモの収穫体験

料理教室「防災シミュレーションごはん」



神石高原ぶどう部会が特産ニューピオーネ出荷ピーク迎える

色付き良く仕上がった特産「ニューピオーネ」
色付き良く仕上がった特産「ニューピオーネ」
 神石郡神石高原町の特産「ニューピオーネ」が、10月中旬に出荷最盛期を迎えました。
 神石高原ぶどう部会は、9月中旬から地元福山や広島、大阪の市場へ出荷しています。今年は夏場の日照不足や降雨により若干の小粒傾向ですが、糖度と酸味のバランスが取れた上々の出来です。同部会は、11月中旬まで作業を続け、130tの出荷を見込んでいます。



新規就農目指す研修生が合同研修会で交流深める

営農指導員㊨からオクラの栽培管理について説明を聞く研修生
営農指導員㊨からオクラの栽培管理について
説明を聞く研修生
 当JAは、就農を目指す研修生の農業技術や経営管理能力の向上を目指すため、生産組織の枠を超えた合同研修会を実施しています。
 9月6日に1回目の研修会を開き、トマトやイチジクなどの生産組織から5人が出席。「食と農の交流館」のほ場を見学し、営農指導員から栽培環境について講義を受けました。来年3月まで全7回の研修で、GAP(農業生産工程管理)や営農計画作成などについて学び、交流の場として意見交換会を予定しています。



カメリアでふれあい感謝祭 多彩なアトラクションを披露

鳴子を使って「福の山音頭」を踊るカメリア職員
鳴子を使って「福の山音頭」を踊るカメリア職員
 利用者に日ごろの感謝の気持ちを伝えようと高齢者福祉センター「カメリア」は9月11日、ふれあい感謝祭を開きました。
 アトラクションでは、神辺地域女性部湯田支部が、手作りの人形を足に付け、童謡「あの子はたあれ」のリズムに合わせて操り人形を披露。カメリア職員はカラオケ体操や、よさこい「福の山音頭」を踊り、会場を盛り上げました。



自転車交通安全教室を開き生徒が正しい交通マナー学ぶ

飛び出しによる衝突事故を再現した交通安全教室
飛び出しによる衝突事故を再現した交通安全教室
 当JAとJA共済連広島は9月25日、自転車事故の危険性を生徒に疑似体験してもらおうと、県立府中東高校で交通安全教室を開きました。
 同教室は、横断歩道での乗用車と自転車の衝突や、大型車の内輪差による巻き込み事故などをスタントマンが実演。生徒は事故の再現を目の当たりにし、改めて安全運転の重要性を学びました。



松永町特産のゲタやイ草を使ったゲタリンピックにJA職員が出場

 第26回ゲタリンピックが9月15日、JR松永駅南口一帯で開かれ、松永の特産を使ったユニークな競技に、当JA職員が出場しました。
 競技は、ゲタや塩、イ草などを使い5人1組でゴールを目指す障害物競走「ゲタでゴザール」や、制限時間内にゲタを積み上げ高さを競う「ゲタタワー」。職員はそろいの法被を着て参加し、観客にJAをアピールしました。
高くゲタを積み上げる競技「ゲタタワー」 息を合わせゴールを目指すJAチーム
高くゲタを積み上げる競技「ゲタタワー」 息を合わせゴールを目指すJAチーム




支店協同活動トピックス


駅家支店の支店運営委員会が認知症予防セミナーを開く

頭で考えながら手指を動かす出席者
頭で考えながら手指を動かす出席者
 認知症について正しく理解し、知識を深めてもらおうと、駅家支店運営委員会は9月11日、認知症予防セミナーを開き、地域住民85人が出席しました。
 JA尾道総合病院の認知症看護認定看護師が講師を務め、初期の症状や特徴などを説明。手指を動かす「認知症先送りトレーニング」を紹介し、出席者は予防に効果的な体操を実践していました。




ホームへもどる