JA貯金 JAローン JA共済 不動産 旅行 高齢者福祉事業 ガソリンスタンド 葬祭 採用情報 ディスクロージャー誌 スペース Home
ごあいさつ 店舗・事業所のご案内 個人情報保護方針 利用者保護に関する方針等 金融円滑化基本方針 相談・苦情等のお申し出等 リンク
イベント・キャンペーン情報
特産品
生産量日本一のくわい 特集ページ
産直市
営農かわら版
ゴキゲンNEWS
組合員さんのお店紹介
旬の料理レシピ
特撰商品ご紹介
女性部NEWS
旬の特産品お買い物広場
FuKuJA(ふくじゃ)
JA福山市ニュース



管内8会場の農業塾で閉講式 塾生135人が希望を胸に巣立つ

塾生を代表しあいさつする岩川さん㊧
塾生を代表しあいさつする岩川さん㊧
 当JAは、昨年12月から今年1月にかけて管内8会場で「平成30年度農業塾」の閉講式を行ないました。野菜や果樹などの栽培基礎を学んだ、塾生135人が修了証書を受け取りました。
 1月17日に開いた駅家会場の閉講式では、福山市加茂町の岩川辰美さん(66)が「農業塾で学んだことを活かし、担い手として地域に貢献したい」と抱負を述べました。



JA福山市が貯金残高8千億達成役  職員一丸でさらなる発展目指す

梶田理事長㊧から目録と記念品を受け取る山上組合長
梶田理事長㊧から目録と記念品を受け取る山上組合長
 当JAは、昨年12月末に普通貯金や定期貯金などで皆さまから預かる貯金残高が8千億円を達成しました。
 1月31日には、JA広島信連の梶田理事長が当JA本所を訪れ、目録と記念品を山上組合長に手渡しました。山上組合長は「8千億円の貯金残高を達成できたのは組合員、利用者の皆さまのおかげであり、今後も役職員一丸となってまい進したい」と述べました。



JA-POP甲子園2018でグリーン神辺店と三和店が敢闘賞

敢闘賞に輝いたグリーン神辺店の商品ディスプレイ
敢闘賞に輝いたグリーン神辺店の商品ディスプレイ
 店舗内の商品陳列の技術を競う大会「JA-POP甲子園2018」ラウンドアップ部門で、当JAのグリーン神辺店とグリーン三和店が敢闘賞、グリーン川口店がユニーク賞を受賞しました。
 大会は、全国154のJAから498店舗が参加。神辺・三和・川口のグリーン店は、分かりやすい説明や手書きのイラストで商品をアピールし、受賞につながりました。また、神辺店は大会の特別企画、カッパ天国エース陳列部門でも銅賞に輝きました。



松永地域女性部が食育活動地元園児と交流を深める

シルエットクイズで農作物について学ぶ園児
シルエットクイズで農作物について学ぶ園児
 地域の園児に身近な食べ物について学んでもらおうと、松永地域女性部は1月23日、松永東保育所で食育交流会を開きました。
 園児25人は、影絵で写された野菜や果物を当てるシルエットクイズに挑戦。大喜びで手を上げて答え、農作物の形や大きさなど特長を学びました。ほかにも新聞紙を使った輪投げや風船運びゲームを行ない、交流を深めました。



福山市が給食の試食会開き食農教育の取り組みを紹介

地産地消カレーを味わう来場者
地産地消カレーを味わう来場者
 福山市は学校給食週間の1月22日から28日に、市内6ヵ所で給食の試食会を開き、地産地消や食農教育の取り組みを紹介しました。
 かんなべ市民交流センターで開いた試食会では、地元で100年以上続く酒蔵の酒粕が入った「神辺ふるさとカレーライス」が登場。管理栄養士が味付けや調理のポイントを説明し、来場者は給食を味わっていました。



(まるとよ)とまと出荷組合が総会開き向田さんへ優秀賞と新人賞を贈る

賞状を受け取る向田さん㊨
賞状を受け取る向田さん㊨
 神石高原 とまと生産出荷組合は1月16日、神石高原町で第39回通常総会と出荷反省会を開きました。
 総会には生産者やJA、市場関係者ら63人が出席し、栽培成績の上位者を表彰。 とまと新規就農者研修の第一期修了生である向田雅之さん(35)が、同組合で初となる優秀賞と新人賞のダブル受賞を成し遂げました。また、A品率、出荷量などで特に優れていた、みどり農園が最優秀賞を受賞しました。



ふれあい市など管内16カ所巡回し栽培履歴や加工品の賞味期限を確認

農産物を検証するJA職員㊨とふれあい市の生産者
農産物を検証するJA職員㊨とふれあい市の生産者
 当JAは1月15日から5日間、管内の各ふれあい市やグリーンセンターなど16ヵ所で、農作物の栽培履歴や生産物表示について検証作業を行ないました。
 営農経済部組合員課の職員が各事業所を巡回し、農薬の使用状況が記載された栽培履歴の内容や、加工品の賞味期限を確認。安全・安心な農産物への意識統一を図りました。






JA福山市の自己改革トピックス


松永北支店の支店運営委員会が農の生け花サークルに取り組む

歯応えと味付けにこだわったハクサイの漬物作り
歯応えと味付けにこだわった
ハクサイの漬物作り
 ㈱JAファームふくやまは、ハクサイとダイコンの漬物を、瀬戸・神辺・府中のふれあい市や道の駅びんご府中で販売し、購入者から好評の声を得ています。
 漬物の野菜は自社栽培のもので、3日間かけて二度漬けした浅漬けです。砂糖や食塩など、調合割合を研究し仕上げました。子どもから年配の方まで食べやすいよう、若干甘めの味付けで、シャキシャキとした食感が楽しめます。販売は3月上旬までの予定です。