JA貯金 JAローン JA共済 不動産 旅行 高齢者福祉事業 ガソリンスタンド 葬祭 採用情報 ディスクロージャー誌 スペース Home
ごあいさつ 店舗・事業所のご案内 個人情報保護方針 利用者保護に関する方針等 金融円滑化基本方針 相談・苦情等のお申し出等 リンク
イベント・キャンペーン情報
特産品
生産量日本一のくわい 特集ページ
産直市
営農かわら版
ゴキゲンNEWS
組合員さんのお店紹介
旬の料理レシピ
特撰商品ご紹介
女性部NEWS
旬の特産品お買い物広場
FuKuJA(ふくじゃ)
JA福山市ニュース



沼ぶどうの担い手育成する沼隈農園で研修生が800本の苗木栽培を始める

苗木の管理をする研修生
苗木の管理をする研修生
 福山市沼隈町の特産 ぶどうの担い手を育成する広島県果樹農業振興対策センター沼隈農園で、3月下旬から研修生が苗木の栽培を始めました。
 同農園のほ場4aで、シャインマスカットやピオーネ、ニューベリーAの苗800本を専用の袋で育てています。来春には高さ1m80cmほどまで生長させ、沼隈町果樹園芸組合の生産者に供給する予定です。
 初収穫までの期間短縮と品質のそろった若木更新で、さらなる産地形成が期待されています。



クワイを丸ごとスライスした「芽が出るチップス」を新発売

新発売した「芽が出るチップス」
新発売した「芽が出るチップス」
 福山くわい出荷組合は特産のクワイを使用したスナック菓子「芽が出るチップス」を、4月1日から販売しています。同出荷組合と当JA、福山市が連携して考案しました。
 クワイ本来のほろ苦さと甘さを楽しんでもらうため、大粒のものをスライスし、素揚げしてあります。
 贈り物や土産物として喜ばれるよう、めでたい紅白2種類のパッケージで販売。1箱(30g入り)540円(税込)で、川口グリーンセンターのほか、JR福山駅などで販売し、いつでもクワイが味わえる新たな特産品としてPRしていきます。




「給与振込サンクスキャンペーン」の抽選会開き当選者100人決まる

厳正な抽選をする山上組合長
厳正な抽選をする山上組合長
 当JAはJAの口座で給与を受け取っている方を対象に、「爆笑お笑いフェスin福山」のペアチケットをプレゼントする「給与振込サンクスキャンペーン」を実施しました。
 3月29日に本所で抽選会を開き、当JAの常勤役員が厳正な抽選をし、応募総数2,331通から、当選者100人が決まりました。



福山市田尻町で杏まつり開き観光客が花と眼下の海楽しむ

眼下に広がる瀬戸内海と可憐に咲くアンズの花に見入る観光客
眼下に広がる瀬戸内海と
可憐に咲くアンズの花に見入る観光客
 西日本有数のアンズの産地、福山市田尻町で3月26日、杏まつりが開かれました。年始から続く低温の影響で、あいにく五分咲きでしたが、多くの花見客でにぎわいました。
 瀬戸内海を見下ろしながら約3,000本のアンズの花を楽しむ散策コースには、多くの家族連れが訪れ、田尻の春の景色を写真に収めたり、花に近づいて見たりして楽しんでいました。また、田尻支店で瀬戸ふれあい市が出張販売し、地元産の新鮮な野菜や果物などを来場者にPRしました。



窓口での声掛けの徹底が奏功し手城支店が警察から表彰受ける

感謝状を受け取る藤井さん
感謝状を受け取る藤井さん
チラシを渡し詐欺被害防止を呼び掛ける職員ら
チラシを渡し詐欺被害防止を呼び掛ける職員ら
 高齢者を対象に多発する特殊詐欺の被害から組合員・利用者を守ろうと、当JAは窓口での声掛けを徹底しています。そうした中、職員の声掛けがきっかけで被害を未然に防止したとして、福山東警察署は4月14日、手城支店の藤井博子さんに感謝状を贈りました。
 藤井さんは3月17日、同支店の窓口に定期貯金の解約で訪れた70代女性の様子が少しおかしかったため、解約の理由を尋ねました。すると、孫を名乗る男から電話があり「会社でトラブルが起きて急にお金が必要になった」というものでした。不審に思った藤井さんが占部支店長に報告。警察に通報し、被害を防ぐことができました。
 また、詐欺被害者の8割以上が60歳以上ということで、当JAは4月14日、春日支店職員と警察官が、特殊詐欺の犯行手口などを掲載したチラシを来店客へ配布し、注意を呼び掛けました。




集落法人との意見交換会開き相互の連携強化を申し合わせる

集落法人が抱える課題について話し合った意見交換会
集落法人が抱える課題について話し合った意見交換会
 当JAは、集落法人が抱える課題や問題点を共に考え、地域農業の振興と活性化を図ろうと3月23日、管内の集落法人代表者らと初めての意見交換会を開きました。
 意見交換会には管内の16法人の代表者と管轄する市町の担当者ら30人が出席。省力化につながる最新技術、ドローン(小型無人飛行機)の導入活用や、安定出荷するための施設整備支援など、出席者からは活発な意見が出ました。



福山市ぶどう生産販売組合が「ぶどう塾」開講し9人が入塾

慎重に防除液を吹き付ける塾生
慎重に防除液を吹き付ける塾生
 福山市瀬戸町を中心に栽培する福山市ぶどう生産販売組合は3月22日、新規栽培者を育成する「ぶどう塾」を開講し、9人が入塾しました。
 同月29日には、同町の研修園で塾生が防除作業の実習を体験。農薬の正しい使い方や防除のこつなどの説明を受け、風向きを考えながら、幹や枝に防除液を吹き付けました。
 来年3月まで同組合の生産者やJA広島果実連の技師の指導のもと、実践作業で栽培技術を習得します。



平成29年度 JA福山市「あぐりスクール」参加者募集

写真はすべて昨年のあぐりスクールの様子です。

《募集要項》 
参加資格 JA福山市管内の小学生とその保護者
小学生のみ、団体・複数家族の申し込みはご遠慮ください。
保護者は1家族2名までとさせていただきます。
年会費 小学生…1,000円  大人…2,000円
教材費として、1家族1,000円を徴収させていただきます。
年会費・教材費は、入学式当日に集金させていただきます。
期 間 平成29年6月~11月
開催場所 農事組合法人「ファーム夕日の里」ほ場
(福山市神辺町上御領)
現地集合・現地解散となります。
定 員 小学生40名程度
申込多数の場合は、抽選とさせていただきます。
申込方法 「申込書」に必要事項をご記入の上、お近くのJA福山市支店またはグリーンセンターへご提出ください。
「申込書」については、支店・グリーンセンターにお問い合わせください。
お問い合わせ JA福山市 営農経済部組合員課  ℡ 084-924-2214