JA貯金 JAローン JA共済 不動産 旅行 高齢者福祉事業 ガソリンスタンド 葬祭 採用情報 ディスクロージャー誌 スペース Home
ごあいさつ 店舗・事業所のご案内 個人情報保護方針 利用者保護に関する方針等 金融円滑化基本方針 相談・苦情等のお申し出等 リンク
イベント・キャンペーン情報
特産品
生産量日本一のくわい 特集ページ
産直市
営農かわら版
ゴキゲンNEWS
組合員さんのお店紹介
旬の料理レシピ
特撰商品ご紹介
女性部NEWS
旬の特産品お買い物広場
FuKuJA(ふくじゃ)
JA福山市ニュース



農業の魅力を発信中 RCCテレビ「つなぐ大地の絆 -Baton-

イチゴ栽培へのこだわりを話す立花さん㊧ ホウレンソウの生産者へ営農指導する松岡さん㊨
イチゴ栽培へのこだわりを話す立花さん㊧ ホウレンソウの生産者へ営農指導する松岡さん㊨
 JAグループ広島は、県内で農作物を作る若手生産者や、JA職員が出演するテレビ番組「つなぐ大地の絆―Baton―」を放送しています。番組では、農作物を作る苦労やこだわり、農業にかける思いなどを自らの声で伝えています。
 当JA管内からは、福山市芦田町でイチゴを栽培する立花和磨さん(41)と、瀬戸グリーンセンターで営農指導を主に担当する松岡俊明さん(42)が出演。立花さんは農業に対する夢を、松岡さんは目標とする営農指導員像などについて話しました。
 放送した動画や出演者情報は、RCCのホームページでチェックできます。



当JA女性部が通常総代会開き管内6地域から105人が出席

女性部の活性化を申し合わせた通常総代会
女性部の活性化を申し合わせた通常総代会
 JA福山市女性部は4月17日、管内6地域から女性部の代表105人が出席し、本所で通常総代会を開きました。
 平成29年度の活動報告や、地域に密着した女性部活動の展開など、平成30年度の活動計画を採決しました。
 閉会後にはグループに分かれて、女性部の広報活動や部員増加への取り組みなど、さまざまな意見を交わしました。



信用事業業務検定試験で当JA職員が最優秀賞に輝く

今後も自己研鑽に努めたいと話す田口さん㊧と羽原さん
今後も自己研鑽に努めたいと話す田口さん㊧と羽原さん
 JAグループの農林中金アカデミーは5月10日、2月に行なった信用事業業務検定試験で、最高得点だった田口喜之さん(総務部企画管理課)と、羽原航平さん(加茂支店)に最優秀賞を贈りました。
 全国のJA職員を対象に、専門的な金融知識の習得とスキルアップを図ろうと毎年実施し、今回は全国で26人が最優秀賞を受賞しました。田口さんはJA住宅ローン実務を、羽原さんはJAバンクローン基礎を受験。2人は試験に向けて日々努力を重ねた結果、当JA初の最優秀賞受賞者となりました。



7会場の農業塾に114人が入塾営農指導員から栽培基礎を学ぶ

野菜づくりに意欲ある塾生が入塾した瀬戸会場
野菜づくりに意欲ある塾生が入塾した瀬戸会場
 当JAは4月中旬から、野菜や果樹などの栽培技術を基礎から学ぶ農業塾を管内7会場で開講しました。
 114人が入塾し、営農指導員から土づくりや防除など、栽培のこつを学びます。また2つの会場では、希望者が実習ほ場で栽培を体験。実践を通じて、技術の習得を目指します。なお、神石高原会場は6月13日に開講を予定しています。



新市アスパラガス生産出荷組合の廣瀬さんが鮮やかな3色セットを出荷

廣瀬さん自慢の3色アスパラガスセット
廣瀬さん自慢の3色アスパラガスセット
 新市アスパラガス生産出荷組合の廣瀬公人さん(31)は、4月5日から同月下旬にかけて、ホワイト、パープル、グリーンの鮮やかな3色セットのアスパラガスを出荷し、広島市内のデパートや全農のインターネット販売「JAタウン」で販売しました。
 ホワイトアスパラガスは日光で変色するため、廣瀬さんは細心の注意を払い、特に太い3Lサイズのものを収穫。25cmの長さに切りそろえて送り出しました。





JA福山市の自己改革トピックス


祭りで地域住民と交流深める 千田支店が支店協同活動でふれあい祭りを初開催

多くの来場者でにぎわった千田支店のふれあい祭り
多くの来場者でにぎわった千田支店のふれあい祭り
 千田支店の支店運営委員会は4月22日、地域住民と交流の場をつくろうと、ふれあい祭りを初めて開きました。
 同祭りは、支店協同活動の一環として企画し、アスパラガスやホウレンソウなど新鮮野菜を販売。来場者へ管内の農産物をアピールしたほか、ポン菓子の実演販売やビンゴゲームなどを行ない、祭りを盛り上げました。


大きいのをとったぞ~ 今津支店の支店運営委員会が地元の園児とタマネギを収穫

タマネギの収穫に笑顔を見せる園児
タマネギの収穫に笑顔を見せる園児
 地元の子どもたちに、農業体験を通じて食と農の大切さを学んでもらおうと、今津支店の支店運営委員会は4月27日、今津未来園の園児22人とタマネギを収穫しました。
 同委員会のメンバーと園児は昨年11月、タマネギの苗約1,500本を定植。大きく生長したタマネギを一緒に抜き取り、収穫を喜び合いました。6月には同委員会と園児がカレーを作り、食事会を開く予定です。