ごあいさつ 店舗・事業所のご案内 個人情報保護方針等 利用者保護に関する方針等 金融円滑化基本方針 相談・苦情等のお申し出等 HOME画面
JA貯金 JAローン JA共済 不動産 旅行 高齢者福祉事業 葬祭 採用情報 ディスクロージャー誌 定型約款 リンク
  特集
イベント・キャンペーン情報
特産品
生産量日本一のくわい 特集ページ
産直市
営農かわら版
ゴキゲンNEWS
組合員さんのお店紹介
旬の料理レシピ
特撰商品ご紹介
女性部NEWS
旬の特産品お買い物広場
FuKuJA(ふくじゃ)



未来を拓く協同組合 JAと農業

パートナーシップで目標を達成しよう
 SDGs(エスディージーズ、持続可能な開発目標)が掲げる17の目標では、地球環境を守りながら、すべての人が尊厳をもって生きられる社会と、誰もが豊かな暮らしを継続的に営むことのできる経済の実現をめざしています。目標を実現するために欠かせないのが、パートナーシップです。目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」は、国同士だけでなく、自治体、団体、企業、個人等あらゆる段階でパートナーシップを緊密に結び、強力に動いていくことが求められます。
 JAや生協等、日本の協同組合は国内外における協同組合間の協同に早くから取り組み、さまざまな課題解決に向けて活動を進めています。JAと生協が農業体験を行ない、地域農業の維持・振興を図る事例や、協同組合間で職員の人材育成に取り組む事例もあります。また、地域農業の振興や地域の活性化等を目的に、JAは行政との連携協定の締結を積極的に取り組み、協定数は令和2年3月時点で計576協定にのぼります。
SDGsに関連する主な取り組み
年間を通じた農業体験(長野県)
年間を通じた農業体験(長野県)
生産者と消費者が農作業を通じ、食の大切さを共に考えることをめざして、JAと生協が連携して農業体験を実施しています。JAが管理する畑で、生協の組合員や家族が年間を通じて農業体験をします。近年では、JA正組合員やその後継者、准組合員、役職員とその家族にも参加対象範囲を広げ、地域農業の維持・振興に寄与しています。
協同組合の職員の人材育成(兵庫県)

研修会「虹の仲間づくりカレッジ」
兵庫県協同組合連絡協議会と、コープこうべが共催でそれぞれの職員の人材育成を行なっています。JAや生協等、協同組合の次世代を担う職員同士が顔の見える関係をつくり、地域の中で協同組合が果たすべき役割を共に考えるための研修を実施しています。参加者は、現地調査やボランティア活動等に取り組み、報告会を行なっています。