ごあいさつ 店舗・事業所のご案内 個人情報保護方針等 利用者保護に関する方針等 金融円滑化基本方針 相談・苦情等のお申し出等 HOME画面
JA貯金 JAローン JA共済 不動産 旅行 高齢者福祉事業 葬祭 採用情報 ディスクロージャー誌 定型約款 リンク
  特集
イベント・キャンペーン情報
特産品
生産量日本一のくわい 特集ページ
産直市
営農かわら版
ゴキゲンNEWS
組合員さんのお店紹介
旬の料理レシピ
特撰商品ご紹介
女性部NEWS
旬の特産品お買い物広場
FuKuJA(ふくじゃ)



未来を拓く協同組合 JAと農業

「組合員」としての役割発揮
組合員のメンバーシップ強化イメージ・准組合員の「地域農業振興の応援団」取り組みイメージ
  JAは、組合員が一人では解決できない農業やくらしの困りごとを、他の組合員と力を合わせて解決するための組織です。そのためには、組合員同士で意見を出し合い、まとめることが必要となります。このような役割を「意思反映」や「運営参画」などと呼んでいます。しかし、組合員になって間もない人が、こうした役割を果たすのは容易ではありません。
 そこでJAでは、組合員に対してまずは地域農業や協同組合、JAへの理解促進を図り、その上でJA事業の複合利用や、さまざまな活動への参加を呼び掛けています。さらに組合員の傾向や特性に合わせて、受け皿となる組合員組織(集落組織、支店運営委員会、年金友の会・共済友の会など)を整備しています。こうした多数の組合員が集まる「場」を通じて、組合員の「意思反映」を図るとともに、その代表者による「運営参画」を進めています。


語句解説
【地域農業振興の応援団】
JAグループは、准組合員を「地域農業や地域経済の発展を農業者と共に支えるパートナー」と位置付けています。地元産農畜産物の購入などによる「食べて応援」、援農ボランティアなどによる「作って応援」といった活動を促進し、正組合員だけでなく、准組合員も積極的な役割を果たす中での「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」を目指しています。