本文へ移動

年金相談

年金相談室

「公的年金等の源泉徴収票」について知りたい

【相談事例】
「公的年金等の源泉徴収票」について教えてください。
【回答】
「公的年金等の源泉徴収票」は、毎年1月中旬から下旬に、日本年金機構(共済組合等)から送られてきます。この源泉徴収票は、前年に年金から源泉徴収された所得税等の証明書となります。所得税の「確定申告」が必要な方は、添付書類として必要なため、大切に保管しておいてください。
所得税の「確定申告」は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に受ける総所得金額と、それに対する所得税額を計算し、源泉徴収された税金や、納めた税金の過不足を清算するための申告です。
「確定申告」が必要な方は、2つ以上の支払者から年金を受けている方、年金以外に給与等の所得がある方、社会保険料控除・医療費控除・生命保険料控除等がある方です。また、年の途中で退職すると、その年の年末調整は行なえませんので、退職した翌年に「確定申告」をすることにより、税金が戻ってくる場合があります。
公的年金等の収入金額が400万円以下で、公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円以下の場合などは、確定申告は不要となります。

年金のことなら何でもお気軽にご相談を!

平日無料相談

ご都合のよい日に相談をお受けします。
お近くの本店・支店にお問い合わせください。

☆より詳しいご相談のため、以下のものをご持参ください。
 〇ご本人・配偶者の「年金定期便」
 〇ご本人・配偶者の「年金手帳」「基礎年金番号通知書」
 〇認印
 〇お勤めされていた方は「雇用保険被保険者証」
 〇すでに年金を受給中の方は、ご本人・配偶者の「年金証書」


マイナビ2023
TOPへ戻る